2010年06月30日

伊豆急行から 「臨時電車 ビーチトレイン号 を運転!」の紹介です

伊豆急行から

「臨時電車 ビーチトレイン号 を運転!」の紹介です。


以下の画像をクリックしてご覧下さい

ビーチトレイン.jpg

posted by 健康おじさん at 12:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いよいよ明日「富士登山 7月1日山開き」の紹介です。

いよいよ明日「富士登山 7月1日山開き」の紹介です。


以下の画像をクリックしてご覧下さい。

富士登山1.jpg

富士登山2.jpg


posted by 健康おじさん at 11:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月29日

がん検診受診率を向上させる方策として、韓国の対策が注目されています

厚生労働省の資料によると国民医療費は、2025年に約50兆円になる見通しであると推計されています。
ギリシャのみならず、財政破綻しそうな国がヨーロッパではいくつもあります。
日本も他人事ではないと思います。
ひとり一人が自覚しないと財政破綻してしまうのではないでしょうか?


その大きな要因が国民の医療費ではないでしょうか?
厚生労働省も「乳がん・子宮頸がん検診の無料クーポン券」などいろいろ工夫していますが、
なかなか受診率は上がりません。


がん検診受診率を向上させる方策として、韓国の対策が注目されています。
韓国では、5年間の間に38.9%であったがん検診受診率を50.7%までにしました。
この受診率向上の理由は、がん対策予算を倍増して、低所得者の検診費用を無料化したことだと言われています。

【詳しいことは、関係機関にお聞きください。】

1日も早く「人間ドックにも保険適用」して欲しいものです。

今度の参院選でもマニフェスト(政権公約)に掲げて欲しいものです。


菅直人さんが民主党の新代表に選ばれ、ようやく
第94代総理大臣に選出されました。

菅さんと言えば、厚生大臣だったときの薬害エイズ問題です。
1枚岩だった官僚の徹底的な抵抗を押し切って、行政の誤りを
認めさせたのです。
それだけでなく、被害者への謝罪は、これほどまでに、真摯で
誠実で心のこもった謝罪は、かつて見たことがありませんでした。

きっと、この機会に「人間ドックにも保険適用」を実現してくれるものと期待します。


皆さんのご意見をお待ちしています。
皆様の声を厚生労働省に届けたいと思います。
是非ともコメントしてください。
パソコンが使えない高齢者の方の声も届けたいと思いますので、
是非、代わりにコメントしてください。


しばらくの間、毎日ブログに載せたいと思いますので、
よろしくお願い申し上げます。


人間ドックCT.jpg

健康づくりにとても参考になると思い、

「国政モニター お答えします・人間ドックにも保険適用を」から引用しました。

人間ドックにも保険適用を

質問:岐阜県 主婦 62歳

お尋ねします。現在、人間ドックの検査料は保険がききません。
保険の範囲内で最小限度の検査を受けられるシステムは考えていらっしゃいませんか。
年一回の人間ドックは、早期発見と医療費の節減につながると思いますが。

私事ですが、これからは健康管理のために、
年一回は人間ドックで検査を受けようと病院へ行ったのですが、
検査費用は保険が利かなく高額だったため、
検査を諦めて帰って来ました。

その時、自覚症状があってはじめて保険が適用されるとの説明を聞き、
納得がいきませんでした。
自覚症状があった時は相当症状も進んでいる場合が多く、
医療費も症状に比例して高額になっています。

保険制度が厳しい現在、一人一人が病気にならない予防と早期発見が
不可欠なことだと思います。
人間ドックがすべてではありませんが、
最小限の健康管理の目安になります。

毎年検査をしていれば悪い所が見つかったとしても
高額な医療費を支払う前に治療する可能性も多く、
保険料の節約にもつながります。

高齢社会の到来、まず予防と早期発見の発想で、
人間ドックが年金生活者にも保険適用で気軽に利用できたらと願わずにはいられません。

回答:厚生労働省

健康保険法制度、国民健康保険制度等の医療保険においては、
疾病や傷病について保険給付を行うことを基本としております。

一方で、人間ドック等の予防診療については、
各保険者が保健事業として自主的に取り組むこととされます。

現在、多くの市町村、健康保険組合等においては、
被保険者の健康の保持増進や疾病予防の観点から、
健康診査や健康相談等の保健事業が実施されているところです。

このような予防医療を医療保険において保険給付することについては、
1)医療保険財政が厳しい中、予防給付を保険給付の対象とするこは、
保険財政上過大な負担となるのではないか
2)疾病予防については、多様な形態のものがあり画一的に保険給付として実施するよりも、
各保険者において実態に即した実施が可能な保健事業の方がより適当ではないか

等の議論があり、慎重な検討が必要であると考えられます。

一方で、急速に進行しつつある少子高齢社会を健康で活力のあるものとしていくため、
疾病予防・健康づくりの取組を進めていくことは極めて重要な課題です。

このため、第154回国会においては、
「健康保険法等の一部を改正する法律案」とともに、
国民の健康づくりの基盤整備を図るため、
「健康増進法案」を提出しており、
両法案は去る7月26日に可決・成立したところです。

この「健康増進法」では、生涯を通じて国民の健康の増進を図る観点から、
現在、各保険者が実施している保健事業について指針を策定するなど、その充実を図ることとしています。




乳がん・子宮頸がん検診の無料クーポン券

がん検診1.gif

がん検診2.jpg

1981年以来、日本人の死因のトップとなっている「がん」。生涯のうちにがんになる確率は、男性の2人に1人、女性の3人に1人と言われます。しかし、最近は、医学の進歩で「治るがん」も増えています。特に女性特有の「乳がん」や「子宮頸(けい)がん」は、早期発見・早期治療で治る確率が高いがんです。早期に発見するためには、がん検診を受けることが有効ですが、検診受診率は20%程度と低いのが現状です。そこで、平成21年度の補正予算によって、一定の年齢に達した女性に乳がん・子宮頸がん検診の無料クーポン券が配布されています。

日本人にとって、がんはだれでもなりうる身近な病気です。「自分は健康に気を付けているから大丈夫」「近親者でがんになった人がいないから、遺伝的にも大丈夫」と思っている人も少なくありませんが、そうした人もがんになる可能性はゼロではありません。
遺伝するがんはまれなもので、むしろ、食生活や喫煙、飲酒、運動、睡眠といった生活習慣や生活環境ががんの発症に大きくかかわっているのです。ですから、健康な生活習慣を心がければ、がんになるリスクは大幅に減らすことができますが、リスクをゼロにすることはできません。
また、がんは、初期では何の自覚症状もないことが多いため、気付かないうちに病気が進行してしまう危険もあります。


がんを治療中の患者数は、現在、142万人(平成17年患者調査)。多いのは、「胃がん」、「肺がん」、「大腸がん」ですが、これらのがんになる人は、65歳以上の高年齢層に多い傾向があります。一方、女性特有のがんである「乳がん」「子宮頸がん」については、乳がんは、女性ホルモンの影響を受けやすい40歳代の女性で最も多く、ウイルス(ヒトパピローマウイルス)感染が主な原因となる子宮頸がんは、近年20〜30歳代で急増しています。

今の日本では、子宮頸がん検診を定期的に受診している女性はわずかですが、欧米諸国では大多数の女性が20歳代から定期的に受診しています。 また、日本では行政検診と職場検診の受診者を合わせても検診の受診率はせいぜい約22%です。
詳しくは、以下のURLをご覧下さい。
http://www.gov-online.go.jp/useful/article/200909/3.html

posted by 健康おじさん at 16:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伊豆急行から 「東急田園都市線に、伊豆急カラーのPR列車【伊豆のなつ号】 が走ります!」の紹介です。

伊豆急行から

「東急田園都市線に、伊豆急カラーのPR列車【伊豆のなつ号】

が走ります!」の紹介です。


以下の画像をクリックしてご覧下さい

PR1.jpg

PR2.jpg
posted by 健康おじさん at 15:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大人の休日倶楽部ミドル会員誌7月号 「おわら風の盆」の紹介です。

大人の休日倶楽部ミドル会員誌7月号

「おわら風の盆」の紹介です。


以下の画像をクリックしてご覧下さい

おわら1.jpg

おわら2.jpg

おわら3.jpg

おわら4.jpg

おわら5.jpg

おわら6.jpg
posted by 健康おじさん at 14:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。